バイクを売るならバイク王

バイク 売る 原付

3月の引越しシーズンで、これまで乗ってきたバイクを手放さざるを得ないという人も多いはず。

バイクの中でも、原付バイク。

通勤・通学、足として使っていて、もう必要ないかなと思いつつ、車庫に眠ったまま、もしくは後輩に譲ったり、ということもありますが、せっかくなので、もしかするとお金になるかもしれないので、バイク買取の専門店に無料出張見積りしてもらうことをおすすめ。



年度末、忙しくてそのうち落ち着いてから、無料出張見積りをしてもらおうという考え方もありますが、中古バイクも、基本は値が下がる一方だし、4月1日時点で所有をしていると、一年間分の軽自動車税を支払わなければいけないので、乗ることがないのに支払うのはもったいないです。

バイク 売る バイク王

バイクを売るときのバイク買取専門業者であるバイク王。

バイク王の認知度が高いのは、やはり業界ナンバーワンというところ。

業界一だけあって、ときとして買取価格などへの評判の良し悪しもつきものですが、トップとしての存在ゆえに、投げかけられる評判もそれぞれのようです。

バイク王はいまのところ、一部の離島を除けば、全国に対応しており、メーカーや排気量にたいしての買取制限もなく、無料お試し査定、無料出張買取で、書類関連も無料代行してもらえます。

愛車であるバイクを売るのに少しでも高く、というのはもちろんありますが、限られた時間の中で効率よく買ってもらうという点で、バイク買取の専門業者、しかも業界ナンバーワンのバイク王での、無料お試し査定でまず金額を聞いておくのは、損はないようです。





バイク 売る 無料査定

バイク買取業者のネットもしくは電話で無料査定をして、最終的に無料出張査定に来てもらう。

バイクの一括無料見積りだと、確かに多くの買取業者が出てくるので選択肢は広がりますが、いくつかの業者を相手にやり取りするのも結構時間が取られます。

多少時間がかかっても、そしていろいろとやり取りするのが好きな方ならおすすめですが、迷いやすい人は、なかなか決められずに、時間だけが経ってしまうので要注意。



とはいっても、どこに売っていいかわからないとなりそうなら、バイクを幅広く扱い全国対応しているバイク買取専門業者、例えばバイク王やバイクランドなどで無料査定をして、高いほうに無料出張査定に来てもらい、バイクを売るのがお互いの時間のロスにもなりません。

そのためにも、一部書類の不備があるとか、車検が切れているとか、事故車だとかわかる範囲のことを事前に伝えることで、お互いスムーズに売買成立となります。無料出張査定では、常にバイクを見ている専門業者には、転倒、事故などはバレバレです。

バイク 売る 雨

バイクを売るに当たって雨の多い時期、バイク買取業者の価格が上がるかも、という例もあります。

バイク買取にあたっての無料出張査定は、基本、外です。

自分の家の屋根付きガレージや車庫に、日々乗っているバイクを置いてている人というのは、それほど多くありません。車庫の奥まったところに、放置している人は、確かにいますけど。

雨の多い梅雨時期は、無料出張査定を申し込んだ側も日程変更することがあります。

雨の中、時間をかけて査定をしてもらうというのも、濡れるし、気分的に嫌だなとなるわけで、寒い冬時期も同じです。

バイク買取業者においても、3月のピークから気候のいい時期だと動きがあり、梅雨や寒い時期になってくると、買取台数も落ち込んでしまいます。

雨時期やシーズンオフともいわれる間に、買取る側も、買えるバイクなら多少高くしても買取台数を増やしていきたいものだったりもします。

また、バイクを売る側にしても、バイク熱がなくなってきたりしていたら、中古の金額は下がる一方なので、区切りをつけて寒い時期にでも早く売ったほうが、季節が良くなってからと思っているよりも高い可能性があったりします。

バイク 売る 交渉

バイクを売ると決め、バイク買取業車へのお試し無料査定から無料出張査定の日程を決めてからの当日。

バイクを売るときの交渉は、日々営業をやっているような人だったら、得意かもしれませんが、交渉ごとに慣れていない人は、思わず相手のことば通りに、はいはい、と聞いてしまうこともあります。

だからといって、うだうだしてても、話が進まないので、どんなことを注意しておいたほうがいいのか。

いくらだったら売りますか、という質問はだいたい投げかけられるので、よくわからずにこのぐらいなら、と答えてしまうと、そこから上がることはまずないです。また、その金額が高すぎると、バイクのことをよくわかっていないだろうと理解されます。

事前にバイク買取の相場を知っておけば、まずはその金額から多少プラスして、その金額だったら売りますと伝えてもいいかと思います。相手はプロの査定士なので、伝えた金額によって、バイクのことをわかってるし、愛着を持っているバイクなのかな、と判断材料にしてくれるものです。




バイク買取サイトによっては、目安の査定金額が出てくることもあるので、それらを参考にしたり、中古バイクの販売価格を事前にチェックしておき、バイクの種類にもよりますが、売られているバイクの目安半分ぐらいの金額と照らしあわせてもいいです。

交渉ごとが苦手でも、お互い時間を無駄に消費するのももったいないので、自分の売りたい金額で、相手が買うか買わないか、を逆に選択させる手もありです。ただ、もちろんバイクにもよるので、実際査定をしている中で、痛みがひどい、事故にあってますよね、とプロにはわかります。

仮に自分の思うような査定でないのなら、どんな点がマイナスなのかを聞いておき、それを元に、今後買い換えた後のバイクを注意しながら扱うこともできるわけです。