バイクを売るならバイク王

バイク 売る 交渉

バイクを売ると決め、バイク買取業車へのお試し無料査定から無料出張査定の日程を決めてからの当日。

バイクを売るときの交渉は、日々営業をやっているような人だったら、得意かもしれませんが、交渉ごとに慣れていない人は、思わず相手のことば通りに、はいはい、と聞いてしまうこともあります。

だからといって、うだうだしてても、話が進まないので、どんなことを注意しておいたほうがいいのか。

いくらだったら売りますか、という質問はだいたい投げかけられるので、よくわからずにこのぐらいなら、と答えてしまうと、そこから上がることはまずないです。また、その金額が高すぎると、バイクのことをよくわかっていないだろうと理解されます。

事前にバイク買取の相場を知っておけば、まずはその金額から多少プラスして、その金額だったら売りますと伝えてもいいかと思います。相手はプロの査定士なので、伝えた金額によって、バイクのことをわかってるし、愛着を持っているバイクなのかな、と判断材料にしてくれるものです。




バイク買取サイトによっては、目安の査定金額が出てくることもあるので、それらを参考にしたり、中古バイクの販売価格を事前にチェックしておき、バイクの種類にもよりますが、売られているバイクの目安半分ぐらいの金額と照らしあわせてもいいです。

交渉ごとが苦手でも、お互い時間を無駄に消費するのももったいないので、自分の売りたい金額で、相手が買うか買わないか、を逆に選択させる手もありです。ただ、もちろんバイクにもよるので、実際査定をしている中で、痛みがひどい、事故にあってますよね、とプロにはわかります。

仮に自分の思うような査定でないのなら、どんな点がマイナスなのかを聞いておき、それを元に、今後買い換えた後のバイクを注意しながら扱うこともできるわけです。