バイクを売るならバイク王

無料出張査定

無料出張査定ということで、バイク買取業者は最終金額を決定するために出向いてくれます。

お試し無料査定、オンライン無料査定ということで、最初は、ネット上での簡単な内容を入力というか選択式でバイクメーカーや排気量、車種と選んでいき、自分の名前と電話番号を記入していくのが基本です。

それらは、バイク買取業者にとっても最低限必要な内容で、ありとあらゆるバイクの種類がある中で、それらを元に相場を連絡してくれます。

ただ、最終的には、確認して見てみないとなんともいえないのが機械ものでもあるし、自分ではこのぐらいかな、と思っていたものが案外高くなること、逆に低くなることなどの結果になります。

仮に、自分がバイクを中古で買いたいなと思ったときに、程度や状態はやっぱり見て確認して、可能なら動かしてみたいと思うものですよね。

簡単なオンライン査定で、相場金額が出てくるサイトもりますが、あくまでも目安。





これに期待しすぎて、無料出張査定時に、思っていたほど高く売れなかったなんてケースもあります。

カスタムしたバイクで高くなることもあれば、低く査定されることもあるし、そこに純正パーツがあることでプラスになることもあります。

無料出張査定で、決まってしまえば、必要書類がそろっていることで、あっという間の買取成約と同時に引き取られていくので、愛着を持ちすぎていたバイクには心の準備もしておいたほうがいいですよ。



バイクを売る手数料

バイクを売る手数料が発生するかどうか、心配になる人もいますね。

バイク買取業者の多くは、無料でのお試し査定、無料での出張買取と広告でもうたっています。

基本、バイクを売る際の手数料はかかりません。

ただ、実際にバイクの出張査定で実物を見てもらった際、年式が古すぎて、破損がひどいなど、いってしまえば中古バイクとしての商品価値になりそうにないと判断されると、手数料というより、処分費、リサイクル費とか再生費みたいな感じでバイク店によって、お金を払わなければいけないことがでてきます。

その金額も、バイクの状態で変わってくるので、金額も公表されているものではありません。

人気バイクとかレアなバイクを除けば、中古は価値が下がることが普通なので、せっかくのバイク、そうなる前に売ったほうがいいというのはそんな理由からです。

あと、無料で自宅、もしくは自分の希望した場所にて出張買取に来てもらい、金額に納得がいかない、やっぱり売ろいうという気持ちが変わってしまった、というのが万が一あっても、手数料はかかりません。

バイク 買取証明書

バイクを売るための出張査定も終わり、いざ売るというときに、書類がない、なんてことになると、せっかくのバイク買取り手続きに多少なりとも時間がかかります。

バイクを売ると決めたら、書類があるかどうかの事前チェックはしておいたほうがいいです。


250ccを超えるバイクなら車検証

250cc以下なら軽自動車届出済証

125cc以下の標識交付書


バイク買取業者の出張査定が終わり、金額に納得して、その場で買取成約ならば、必要書類を提示し、バイク買取証明書というのを出してくれます。

バイク買取業者によっては、その場ですべて買取分の現金支払いをしてくれるところ、もしくは一部現金支払で残りを銀行振込みにするところと会社によって違います。

その場で現金支払いは、もちろん嬉しいですが、あまり大きな金額であれば、一部現金、残りを銀行振込みのほうが、わざわざ銀行へ入金という手間が省けて楽です。


バイク 売る 手続き

バイクを売る手続きとして、最終的に避けては通れない書類。

実際、バイクが売れてしまえば、これまで自分の持ち物だったバイクも、当然ですが所有者が変わります。

所有者の名義変更をしておかないと、課税されてしまうし、なんといってトラブルの元です。

ヤフオクや知人間での売買だと、手続きはもちろん自分たちでしなければならない面倒さがありますが、バイク買取の専門業者だと手続を無料で対応してくれるところが多いのです。

バイクを売ることだけに専念できるということだけでも、無料お試し査定、無料出張査定を利用して、あとは実際の買取金額の提示で納得すれば、買い取ってもらい、バイクを売る手続きもおまかせして、次のバイク選びにも専念できるわけです。