バイクを売るならバイク王

バイク 売る 必要なもの

バイク買取業者へバイクを売る際に必要なもの。

当前ですが、売るバイクとそのバイクが誰のものかを表している各書類。

 ↓

250ccを超えるバイクであれば、車検証

250cc以下は、軽自動車届出済証

原付や125ccまでのバイク、標識交付書

自賠責保険証

印鑑

身分証明証として、運転免許証や保険証、パスポートなどのいずれか

あまりないのですが、もし、病気で動けないとか立ち会えないなどで、誰か代理の人にお願いするということがあるのであれば、委任状を持って、バイク買取業者側で対応することもあります。

ちょっとした書類などの不明な店は、専門としてやっているバイク買取業者への問い合わせで解決してしまいます。





バイク 売る 自賠責保険

バイクを売るときの書類で、自賠責保険について。

自賠責保険は、バイクに乗るには必ず入っておかなければいけない保険なので、バイクに乗っているのであれば、普通、みんな契約しているものです。

友達は、バイクを売るにあたり、車庫に放置していたバイクの自賠責保険が切れていて、どうしようと思ったようです。

当然ですが、自賠責保険が切れている状態では、バイクには乗れない。

でも、とりあえず、バイクは売りたい。

バイク買取業者の無料出張サービスを利用するしかなく、事前に自賠責保険が切れていることを伝えておけば、必ずしも必須書類ではなかったようです。

バイクそのものの問題や、書類、手続きにしても、専門のバイク買取業者に聞いてしまえば、あっという間に解決できるもの、となんかすごく実感したできごとでした。

バイクを売るならバイク王



バイク 売る 書類

バイクを売る際、必要になってくるのは、名義変更をするための書類。

持っているバイクの排気量によって違います。

原付や125ccまでのバイク、標識交付書

250cc以下は、軽自動車届出済証

250ccを超えるバイクであれば、車検証


バイクを売ったあとの面倒そうな手続きも、これらの書類で買取業者側が、無料で対応するところが多いので、なんといっても手間が省けます。

あと、バイクに関する書類ではないものの、これも必須で、本人確認ができるもの。

免許証、健康保険証、パスポートなど。