バイクを売るならバイク王

バイク 売る 交渉

バイクを売ると決め、バイク買取業車へのお試し無料査定から無料出張査定の日程を決めてからの当日。

バイクを売るときの交渉は、日々営業をやっているような人だったら、得意かもしれませんが、交渉ごとに慣れていない人は、思わず相手のことば通りに、はいはい、と聞いてしまうこともあります。

だからといって、うだうだしてても、話が進まないので、どんなことを注意しておいたほうがいいのか。

いくらだったら売りますか、という質問はだいたい投げかけられるので、よくわからずにこのぐらいなら、と答えてしまうと、そこから上がることはまずないです。また、その金額が高すぎると、バイクのことをよくわかっていないだろうと理解されます。

事前にバイク買取の相場を知っておけば、まずはその金額から多少プラスして、その金額だったら売りますと伝えてもいいかと思います。相手はプロの査定士なので、伝えた金額によって、バイクのことをわかってるし、愛着を持っているバイクなのかな、と判断材料にしてくれるものです。




バイク買取サイトによっては、目安の査定金額が出てくることもあるので、それらを参考にしたり、中古バイクの販売価格を事前にチェックしておき、バイクの種類にもよりますが、売られているバイクの目安半分ぐらいの金額と照らしあわせてもいいです。

交渉ごとが苦手でも、お互い時間を無駄に消費するのももったいないので、自分の売りたい金額で、相手が買うか買わないか、を逆に選択させる手もありです。ただ、もちろんバイクにもよるので、実際査定をしている中で、痛みがひどい、事故にあってますよね、とプロにはわかります。

仮に自分の思うような査定でないのなら、どんな点がマイナスなのかを聞いておき、それを元に、今後買い換えた後のバイクを注意しながら扱うこともできるわけです。



バイク 売るとき

バイクを売るときになった時点で、日々のメンテナンスをしていたら良かったかもと思うことがあります。

メンテナンスをしておいておくことで、バイクを売るときの金額も、何もしていないよりに比べれば、多少なりとも上がります。

バイクに限らず、車、電化製品などなど、中古になってしまえば値が下がるのが一般論。極端に値を下げないためにも、メンテナンスはある程度知識を持って、できる部分はやっておいたほうがいいです。



表面的なことでいえば、定期的に掃除したり、洗ったり、タイヤの空気圧など、愛情を注いでかわいがって気にしておけば、バイクを所有しているときでも、大きな問題に繋がらないともいわれます。

このあたりは、バイクというよりも物の扱い方ですね。

チェーンのメンテナンス、バッテリーなどの電気系統のメンテナンスなどなど、バイク仲間や購入したときのバイク店の方とも話しておくのがおすすめです。

400cc クラスだと車検があるので、気にかけることが多いのですが、250ccまでだと車検がないため、メンテナンス次第で価格は左右されます。それこそ、放置していて気づいたらサビだらけというだけで、マイナスポイントです。


バイク 売る 理由

バイクを売る理由は、人それぞれでした。

ちょっとした移動目的で原付を購入し、結局、寒くなってから乗らなくなってしまい、そのまま車庫に放置していた人。

聞いたら、面倒でどう処分していいかわからず、買ったバイク店にでも聞いてみようと思いつつ、そのまま4月をむかえ、年間2,000円の軽自動車税なんで、まあ、いいかみたいな感じだったようです。

2,000円でも、もったいない・・・

早く売っていれば、その2,000円を支払う必要なかったのに。




それとは違い、原付から始まりバイクに魅了され、125cc までの小型限定普通二輪免許を取得。さらに物足りなくなり普通二輪免許で400cc までと今にいたり、それに伴ってバイクも売り買いしている人。

バイクを趣味として走るライダーの年齢層が40〜50歳ぐらいの男性が多く、そういった人達に比べると、まだまだ経験浅いけれど、ずっとバイクに乗りたい、と本当にバイク大好きな人でした。

バイク好きと聞くと、メカにも詳しく、売り買いも得意なのかなと勝手なイメージを持ってたけど、走ることそのものがとにかく大好きだという彼の場合は、カスタマイズがどうのこうのとかあまり関係ないようで、日々のメンテナンスと大事に乗ることもあってか、本人が思うよりも高く売れているという意見。

bike.JPG

それ以外だと、転勤になったり、結婚して経済的理由でバイクに乗るのをやめ、売った人もいました。

一括査定で、うわさに聞く多くのバイク買取業者の電話に対応できなさそうと思って、バイク王のCMが流れてたから、とりあえず、お試し無料査定から始まり、無料査定に来てもらい、売った人。

中には納得がいかなくて、帰ってもらった人もいたけれど、よっぽどの人気バイクやたまたまバイク店が探していたバイクというものでもなければ、中古バイクは値が下がる一方なので、売ると決めた時点で、早く行動に移したほうがいいです。



バイク 売る コツ

バイク買取業者さんは、日々いろんなバイクを見ているプロです。

バイクの種類や年式、走行距離などである程度の目安はついているはずなので、あとは現物の確認とバイクオーナーさんとのやり取りで、最終的な金額が決定します。

バイクを売るコツとして、まず見た目。

ひどいキズだとかヘコミなど、自分でどうしようもできないのは仕方ないとして、パッと見た感じがホコリがかぶっていたり、汚れ過ぎていると、適当に扱っていたのだろうと思われるので、簡単にでもいいので洗っていた方がいいです。

今までありがとう、という意味でも、洗っておきたいものです。
DSCF0300.JPG

動かなくなってしまったバイクや故障部分を修理してから売るというのは、修理費用をカバーできるほど査定額があがるわけでもないです。

バイクの日々のメンテナンスができていれば、できていないより査定にもいい評価はありますが、これも人気バイクや業者さんの得意とする分野などで、大幅に上がるかどうかは、業者さん次第。

バイク好きでカスタム化した場合は、オリジナル部品があるほうがいい。

高く売りたいだけにこだわり過ぎると、売り時を逃すこともあり、出張見積りに来てもらった際に、自分の中でのある程度の妥協の金額を持っておくこと。