バイクを売るならバイク王

バイクを売る手数料

バイクを売る手数料が発生するかどうか、心配になる人もいますね。

バイク買取業者の多くは、無料でのお試し査定、無料での出張買取と広告でもうたっています。

基本、バイクを売る際の手数料はかかりません。

ただ、実際にバイクの出張査定で実物を見てもらった際、年式が古すぎて、破損がひどいなど、いってしまえば中古バイクとしての商品価値になりそうにないと判断されると、手数料というより、処分費、リサイクル費とか再生費みたいな感じでバイク店によって、お金を払わなければいけないことがでてきます。

その金額も、バイクの状態で変わってくるので、金額も公表されているものではありません。

人気バイクとかレアなバイクを除けば、中古は価値が下がることが普通なので、せっかくのバイク、そうなる前に売ったほうがいいというのはそんな理由からです。

あと、無料で自宅、もしくは自分の希望した場所にて出張買取に来てもらい、金額に納得がいかない、やっぱり売ろいうという気持ちが変わってしまった、というのが万が一あっても、手数料はかかりません。



バイク 売る 決断

バイクを売るのは、例えば引っ越し、家族が増えたことで車に変更、あとバイクが壊れたなど、必要に迫られて売ることも多いです。

それとは別に、趣味でも通勤・通学使用でも、そろそろ新しいバイクに買い換えたいという人。

中には、初めて手にしたバイク、愛情たっぷりに乗ってきたけれど、引っ越して駐車スペースの問題、数台バイクを所有、もしくは仕事が多忙でなかなかバイクに乗りたいけれど、乗る時間がないというライダーたちは、バイクを売る決断にかなり迷うこともあります。

それこそ、メンテナンスなんかもしっかりやっていて、売って次の人がちゃんとかわいがってくれるだろうか、と心配になる人もいたりします。

気持ち的なことでいえば、駐車スペースもバイクの維持費も確保ができていたら、もう一年という区切りをつけて、考え直してもいいかと思いますが、現実的に無理な場合は、金額が下がってしまう前に、早く決断をした方が、あとになるよりも高く売れる場合がほとんどです。

愛情深く乗ってきたバイクは、同じような人に渡って、かわいがってくれるものなのかもしれません。

バイク 売るとき

バイクを売るときになった時点で、日々のメンテナンスをしていたら良かったかもと思うことがあります。

メンテナンスをしておいておくことで、バイクを売るときの金額も、何もしていないよりに比べれば、多少なりとも上がります。

バイクに限らず、車、電化製品などなど、中古になってしまえば値が下がるのが一般論。極端に値を下げないためにも、メンテナンスはある程度知識を持って、できる部分はやっておいたほうがいいです。



表面的なことでいえば、定期的に掃除したり、洗ったり、タイヤの空気圧など、愛情を注いでかわいがって気にしておけば、バイクを所有しているときでも、大きな問題に繋がらないともいわれます。

このあたりは、バイクというよりも物の扱い方ですね。

チェーンのメンテナンス、バッテリーなどの電気系統のメンテナンスなどなど、バイク仲間や購入したときのバイク店の方とも話しておくのがおすすめです。

400cc クラスだと車検があるので、気にかけることが多いのですが、250ccまでだと車検がないため、メンテナンス次第で価格は左右されます。それこそ、放置していて気づいたらサビだらけというだけで、マイナスポイントです。


バイク 売る 必要なもの

バイク買取業者へバイクを売る際に必要なもの。

当前ですが、売るバイクとそのバイクが誰のものかを表している各書類。

 ↓

250ccを超えるバイクであれば、車検証

250cc以下は、軽自動車届出済証

原付や125ccまでのバイク、標識交付書

自賠責保険証

印鑑

身分証明証として、運転免許証や保険証、パスポートなどのいずれか

あまりないのですが、もし、病気で動けないとか立ち会えないなどで、誰か代理の人にお願いするということがあるのであれば、委任状を持って、バイク買取業者側で対応することもあります。

ちょっとした書類などの不明な店は、専門としてやっているバイク買取業者への問い合わせで解決してしまいます。



ドラッグスター250

バイク販売市場についてですが、ホンダ、ヤマハが毎年どちらかがトップにくるというぐらい、この二つのメーカーが主体です。

と同時に、カワサキやスズキと、海外在住の知人が、日本人だとわかると、よくこのふたつの名前をいわれる、といってました。

いずれのメーカーも、それぞれに人気ということですね。

さて、ここ最近の傾向としては、250cc のバイクが人気とのこと。

車検がないので、維持費的にも気軽に乗れるということもあるし、メーカーも力を入れていることもあって、バイクの種類が豊富。

バイク初心者にも比較的乗りやすい、ということもあるので、バイクを売る際も250ccのバイクを所有している人だと、需要があるので売りやすいというところではあります。

その中でも、アメリカンタイプの250cc としては、

ヤマハ ドラッグスター250ccのみ。

バイクを売る際にも、状態によっては高値で設定されるかも、ということです !!

ドラッグスター250 を売ろうと思っているのなら、相場チェックしておきたいです。