バイクを売るならバイク王

バイク 売るなら

バイクを売るならどこがいい、と悩みますね。

バイク買取の一括査定を利用すれば、バイクのメーカー、車種、排気量、年式、走行距離、車体色などに加えて、名前、連絡先などを記入することで、相場もわかるし、そのバイクに興味のある専門買取業者、もしくは地域のバイク店などが連絡してきてくれます。



バイクによっては、問い合わせが多くなることもあるので、びっくりするかも。

一括査定なので、比較ができ、バイクを売る会社をそこから決めるという手はあります。

ただ、実物を見てもらっての最終金額になることがほとんどなので、

無料出張見積りサービスに対応してくれる!

無料で書類手続きも対応してくれる!

金額面も大事ですが、サービス面の対応も考慮にいれ、バイクの売り先を決めれば、スムーズに売買が進みます。




バイク 売る 理由

バイクを売る理由は、人それぞれでした。

ちょっとした移動目的で原付を購入し、結局、寒くなってから乗らなくなってしまい、そのまま車庫に放置していた人。

聞いたら、面倒でどう処分していいかわからず、買ったバイク店にでも聞いてみようと思いつつ、そのまま4月をむかえ、年間2,000円の軽自動車税なんで、まあ、いいかみたいな感じだったようです。

2,000円でも、もったいない・・・

早く売っていれば、その2,000円を支払う必要なかったのに。




それとは違い、原付から始まりバイクに魅了され、125cc までの小型限定普通二輪免許を取得。さらに物足りなくなり普通二輪免許で400cc までと今にいたり、それに伴ってバイクも売り買いしている人。

バイクを趣味として走るライダーの年齢層が40〜50歳ぐらいの男性が多く、そういった人達に比べると、まだまだ経験浅いけれど、ずっとバイクに乗りたい、と本当にバイク大好きな人でした。

バイク好きと聞くと、メカにも詳しく、売り買いも得意なのかなと勝手なイメージを持ってたけど、走ることそのものがとにかく大好きだという彼の場合は、カスタマイズがどうのこうのとかあまり関係ないようで、日々のメンテナンスと大事に乗ることもあってか、本人が思うよりも高く売れているという意見。

bike.JPG

それ以外だと、転勤になったり、結婚して経済的理由でバイクに乗るのをやめ、売った人もいました。

一括査定で、うわさに聞く多くのバイク買取業者の電話に対応できなさそうと思って、バイク王のCMが流れてたから、とりあえず、お試し無料査定から始まり、無料査定に来てもらい、売った人。

中には納得がいかなくて、帰ってもらった人もいたけれど、よっぽどの人気バイクやたまたまバイク店が探していたバイクというものでもなければ、中古バイクは値が下がる一方なので、売ると決めた時点で、早く行動に移したほうがいいです。



バイク 売る オークション

オークションを利用してバイクを売る。

ヤフオクで知られるヤフーオークション、利用している人もいるかと思います。

周りの友達は、バイクを売るにあたって、オークションを利用した人がいなく、なぜかと聞けば、高く売れるかもしれないけれど、個人間のお金のやり取り、引き渡し、手続きなどなど面倒というのが、口を揃えての意見でした。

ある程度バイクに詳しい、手続きも詳しい、頻繁にバイクの売買をしてるというぐらいのバイク好きな人ならオークション利用もいいのかもしれません。

友達のさらにバイク繋がりの友達は、オークションではなかったものの、知人に売って、その後、名義変更手続きをさっさとやってくれなかった、とぼやいていたとか。

個人間のバイク売買も高く売れるかもしれないけれど、手間ひま、時間がかかりそうです。


バイク 売る 自賠責保険

バイクを売るときの書類で、自賠責保険について。

自賠責保険は、バイクに乗るには必ず入っておかなければいけない保険なので、バイクに乗っているのであれば、普通、みんな契約しているものです。

友達は、バイクを売るにあたり、車庫に放置していたバイクの自賠責保険が切れていて、どうしようと思ったようです。

当然ですが、自賠責保険が切れている状態では、バイクには乗れない。

でも、とりあえず、バイクは売りたい。

バイク買取業者の無料出張サービスを利用するしかなく、事前に自賠責保険が切れていることを伝えておけば、必ずしも必須書類ではなかったようです。

バイクそのものの問題や、書類、手続きにしても、専門のバイク買取業者に聞いてしまえば、あっという間に解決できるもの、となんかすごく実感したできごとでした。

バイクを売るならバイク王



バイクを売る バイク買取業者

バイクを売る際、バイク買取業者の多くは、サイト上での無料査定。

そのあとに、無料の出張査定に来てもらえるので、


車検が切れてしまっているバイク

すでに自分で廃車処理、つまりバイクの登録を抹消してしまい、走ることができなくなってしまったバイク


などなど、訳ありバイクがあれば、バイクを持ち込む必要がないという手間が省けてしまいます。

それこそ、ナンバープレート盗まれた、というバイクなども。

とある知人は、廃車処理すらしていなくて、税金を払っていたようですが、もう乗らない動かないと思ったバイクでも、サイト上での無料査定で確認する価値はありです。




ただ、バイクの状態や年式・車種によって、逆に引き取り料みたいなのがでてくることがなきにしもあらず。

でも、使わないものを家に置いておくよりも、活用できるものなら活用してもらったほうがいいし、残念にも見込みがないようであれば、それはそれで、処分なりなんなりで片付けた方がスッキリしますよね。